コンタクトレンズDIAの見方・調べ方

コンタクトレンズDIAの見方・調べ方

 

視力矯正のためのコンタクトレンズや、オシャレのためのカラコンを通販で買う方は、今や少なくありません。
しかし、注文時の数値について、「よく分からない」と思っている方はいませんか?

 

D/PWR(度数)やBCは、自分に合うものを選ぶことがとても重要な数値だと知っていても、
DIAについては、あまり気にせずに買っている方も多いかもしれません。
カラコンの場合は、目を大きく見せるにあたって、とても重要な数値なので、気にしている方も多いものですが、
普通の透明レンズの場合は、ほとんど気にしていない方がほとんどではないでしょうか?

 

コンタクトレンズのDIAとは、レンズの直径のことを示します。
「ワンデーアキュビュー」や「エルコンワンデー」などといった商品ごとにDIAは少しずつ違いますが、たいてい1種類しか選べないので、
あまり気にしない、という方がいてもおかしくはありません。
注文の際に、省略されることも多いですから、DIAを選択するプルダウンなどがなくても、焦る必要はありません。

 

しかし、カラコンを買う場合は、とても重要です。
カラコンは、だいたい、レンズのフチのあたりまで色や柄が入っているので、レンズの直径の大きさが、黒目をどれだけ大きく見せるかに関わってきます。
もちろん、それには「着色直径」も関わってきますが、DIAもとても大切なのです。
例えば、レンズの直径が大きいと、それだけ黒目が大きく見えることが多いです。
なるべく自然に見せたい方は、あまり直径が大きいレンズはおすすめできません。

 

コンタクトレンズDIAは、眼科で検査した後にコンタクトショップで購入した商品の箱で、調べることができます。
色々な数値が書かれていますが、「DIA」のあとに書かれている数値を確認してみましょう。

 

しかし、今持っている商品とDIAが違うものを購入する場合も、「DIAが違うから合わない」ということはそんなに多くはないでしょう。
ただし、DIAが大きすぎると、目が小さい方だと脱着がしづらいかもしれませんし、目の乾燥が気になる方もいる可能性があります。
違和感があったり、不安がある場合は、眼科医に相談してみましょうね。

 

安くておすすめ!コンタクトレンズ『 処方箋なし 』通販