コンタクトレンズのBC8.6と9.0の違いとは?

コンタクトレンズのBC8.6と9.0の違いとは?

 

使い捨てコンタクトレンズを通販サイトで購入する際、BCが選べる場合がありますよね。
例えば、ある商品でBCが8.6と9.0の二種類あったら、自分のレンズデータに合うものを選択することになります。

 

しかし、自分のレンズデータが8.4や8.5、8.7、8.8、8.9の方もいます。
手元にあるコンタクトレンズと商品の種類を変える時は、商品によってBCが違いますから、
どうしたらいいのかな、と悩むこともあるでしょう。

 

例えば、カラコンの場合は、BCが1種類しかないことが多いですし、
他にBCがないからといって、自分のデータとは全く違うものを適当に購入してしまう方もいるかもしれません。
しかし、BCが大きく違うと、目によくないことがありますから、気を付けてください。

 

では、そもそも、BCの数値の違いによって、何が違うのでしょうか?

 

BC8.6は9.0に比べると、レンズのカーブ具合がきつくなっています。
BC9.0の方がカーブがゆるいです。
人によって、眼球のカーブ具合は違いますが、多くの方の眼球のカーブは8.0前後なので、BC8.6でも余裕がある場合が多いようです。

 

しかし、ソフトコンタクトレンズは、カーブ具合に余裕があったほうが、まばたきの際などに動きがスムーズです。
ただし、余裕があり過ぎると、動きすぎてしまい、装用感が悪かったり、ずれてしまうこともあります。
その場合は、きつい方のBCを選んだ方がよい、ということになります。
しかし、BC9.0のコンタクトがちょうど良い方が、BC8.3のコンタクトをつけると、目のカーブに対してきつすぎる可能性があります。

 

BCは、プラスマイナス0.2以内であれば、対応可能と言われています。
例えば、BC8.6と9.0が選べる商品であれば、
8.4や8.5、8.6、8.7の商品を使っていた方はBC8.6を選択し、
8.8、8.9、9.0の場合は、BC9.0を選択すると良いでしょう。

 

ただし、BCが同じでも、商品によってつけ心地が違うこともありますから、手元にある商品と違うものを通販サイトで購入するなら、
できれば眼科で検査や診察を受けて相談してから、購入するようにしてください。

 

安くておすすめ!コンタクトレンズ『 処方箋なし 』通販