コンタクトレンズ度数・BC・DIAの調べ方 - レンズデータの見方ガイド

コンタクトレンズ度数・BC・DIAの調べ方

 

コンタクトレンズには、レンズの強さを表す『度数』と、レンズのカーブの度合いを表す『BC(ベースカーブ)』、レンズの大きさを表す『DIA』の3つのデータがあります。

 

通販でコンタクトレンズを購入する場合はこの3つのデータ、特に度数とBCは必ず確認するようにしましょう。
自分のコンタクトレンズ度数、BC、DIAがわかれば処方箋不要通販でコンタクトを購入できます。

 

コンタクトレンズ度数・BC・DIA

 

 

 

D/PWR/SPH・・・レンズ度数
コンタクトレンズの補正度数を示す数値です。

 

 

BC・・・ベースカーブ
コンタクトレンズの湾曲度合いを示す数値です。

 

 

DIA・・・レンズ直径
基本的に1商品1種類のみです。

 

コンタクトレンズの度数、BC、DIAは確認できましたでしょうか?
これらのデータを自分で調べれば、処方箋不要のコンタクトレンズ専門通販で購入することができます。
管理人がよく利用しているコンタクトレンズ通販は処方箋不要で店舗よりも価格が安くておすすめです!

 

安くておすすめ!コンタクトレンズ『 処方箋なし 』通販

アットスタイル

 

アットスタイルは、処方箋扶養でとにかく激安!
アキュビューなど有名メーカーならここが一番!

 

 

 

24レンズ

 

商品数が豊富!アットスタイルにないコンタクトレンズはこちらで!

 

 

 

コンタクトレンズデータのまめ知識

コンタクトレンズ度数とは?

コンタクトレンズ度数とは、コンタクトレンズの補正度数のことです。
コンタクトレンズの容器や箱(ケース)には、D、PWR(パワー)、SPHなどと記載されています。
近視用コンタクトレンズの場合はマイナス(-)表記で、-0.00から-12.00くらいまでの度数があります。
遠視用コンタクトレンズの場合はプラス()表記です。
コンタクトレンズの容器や箱(ケース)には必ず記載がされていますので購入の際は間違えないように確認するようにしましょう。
自分に合わない度数のレンズを使うことは視力の悪化の原因となりますので注意しましょう。

 

コンタクトレンズBCとは?

コンタクトレンズBCはベースカーブのことで、レンズの湾曲度合いを示す数値です。
コンタクトレンズ容器やケースにはBCの表記がありますので、こちらも度数と合わせて確認するようにしましょう。
通常、8.4から9.0くらいまでのBCが多いです。
ハードコンタクトレンズの場合は、BCが自分の目に合っていないとコンタクトレンズが外れやすくなることもあります。
ソフトコンタクトレンズの場合は、レンズ自体が柔らかいため目に馴染んでくれますので、多少BCが違っていても違和感は少ないです。
そのため最近のソフトコンタクトレンズは、BCが1種類〜2種類くらいのものが多くなっています。
BCが2種類あるコンタクトレンズを使用している場合は、間違えないように購入しましょう。

 

コンタクトレンズDIAとは?

コンタクトレンズDIAとはレンズの直径のことです。
市販されているコンタクトレンズのほとんどはDIAが1種類です。
そのためコンタクトレンズの購入時に選択する必要はありません。
ただし、カラコンを使用する場合は瞳を大きくみせるための目安となります。
カラコンの場合は、レンズ直径だけでなく、着色直径も合わせて確認するとよいでしょう。
着色直径はその名の通り、着色の大きさになりますので、瞳がどれだけ大きくなるかの目安になります。
着色直径は13mm前後から14.5mm以上まで様々です。

 

コンタクトレンズ度数、BCを調べて賢くコンタクトを購入しよう!

処方箋不要の通販でコンタクトレンズを購入する場合は、これらのレンズデータを自分自身で調べる必要があります。レンズデータは、コンタクトレンズの箱に記載されていますので、お手持ちのコンタクトレンズの箱でレンズデータを確認し、間違いのないように購入しましょう。上記で激安のコンタクトレンズ処方箋不要通販も紹介していますのであわせてチェックしてみて下さい。

 

 

コンタクトレンズのレンズデータの調べ方とは?

処方箋がなくてもコンタクトレンズを購入できる、便利な通販サイトが増えています。
もちろん、初めてコンタクトをする方や、最近コンタクトが合わないと感じている方などは、まずは眼科医の診察と検査を受ける必要があります。
しかし、自分のレンズデータの分かるものが手元にある方なら、
通販サイトで簡単にコンタクトを購入することができます!

 

その際、度数(D/PWR)、BCといった、自分のレンズデータが必要です。
そのレンズデータの調べ方を知っているでしょうか?
処方箋が手元にある、という方は稀です。
眼科での診察の後、併設のコンタクトショップで、処方箋に基づいてコンタクトを購入するため、処方箋は回収されるからです。
自分のレンズデータを調べる方法は、眼科医の処方に基づいて購入した、コンタクトレンズのパッケージを確認することです。

 

まず、度数は、「D」や「PWR」の後に、-0.25や-0.90といった数値で表されています。
遠視の場合は、+0.5という風に、+がついています。
右目と左目で度数が違うことも多いので注意しましょう。
ちなみに度数は、右目0.3、左目0.1といった、「視力」とは別物です。眼科医による検査を受けないと、分からない数値です。

 

また、BCもとても重要な数値です。レンズの湾曲度を示すもので、自分の目のカーブ具合に合うBCのレンズを装着することが大切です。
これも眼科医の検査を受けなければ分かりません。
手元にコンタクトレンズがある方は、パッケージの側面などに「BC」と書かれたところがあり、8.7や8.3といった数値が書いてあるはずです。
なるべく手持ちのコンタクトとBCの数値が近い商品を選びましょう。
0.2くらいまでの違いなら、対応できると言われています。

 

さらに、DIAという数値もあります。これは、商品によって決まっていて選べないことが多いので、注文の時には必要ありません。
ただし、カラコンの場合は、DIAがとても大きいものがあります。
目をどれくらい大きく見せたいかなどによって、DIAを意識して選ぶことが必要です。